NEWS

広島税理士法人井戸端会議『秋の味覚と言えば!』

2020/09/30 [WED]

 秋の味覚と言えば様々美味しい物がありますが、

私の実家でも栽培・出荷していました

マスカット・オブ・アレキサンドリアについて

紹介したいと思います。

 

 今ではマスカットと言えば、

誰もがシャインマスカットと答えられますが、

ここではひと昔前までは、

岡山名産のマスカット・オブ・アレキサンドリア(以下マスカット)が

マスカットとして有名だったのではないかと思います。

 

 マスカットは、岡山市津高に住む大森熊太郎さんと

山内善男さんの二人により導入され、

雨にあてず温度を適温に保つ必要があるため、

ガラス張りの温室の中で育てられます。

収穫時期は一般的に、9月~11月となっており、

今が美味しくいただける時期となります。

 

 私の実家でも、温室4棟でマスカットとグローコールマンを

栽培・出荷していました。

出荷までは、剪定や芽かき、枝をくくりつける誘引、

粒間引きなど、手間がかかる作業ばかりで、

出荷時には粒についている白い粉を落とさないよう、

ひと房ごとていねいに、

父親が箱詰めしていたのを覚えています。

 

 また、子どもの頃には、おやつが毎日マスカットの切り残し

(出荷には粒が小さいもの、少しキズがあるもの)で、

あまり欲しくありませんでしたが、

今考えれば贅沢なおやつだったと思っています。

 

 秋の味覚の一つとしてマスカットを紹介しましたが、

まだまだ美味しいものは沢山あります。

皆様も秋の味覚を楽しまれたら如何でしょうか。

 

 

 

広島総合税理士法人