NEWS

広島税理士のひとりごと『更なるキャッシュレス時代へ』

2018/06/10 [SUN]

  最近、テレビや新聞等でキャッシュレスという言葉をよく見かけるようになりました。以前はクレジットカードや電子カードというイメージでしたが、最近では携帯でのQRコードが普及していて、バーコードよりも数十倍から数百倍という情報量が盛り込めるそうです。街中で買い物をしてもお金を使わずに決済する時代がすぐそこまで来ています。経済産業省によると日本で現金を使わない決済比率は20%程度にとどまり、中国の約60%や欧米諸国の40%~50%に比べて出遅れているそうです。政府は2020年代の早い時期に40%程度まで高める目標を掲げていますが、諸外国では一番現金を使わない国はスウェーデンで現金流通量は1.3%という驚きの数字です。

 また、キャッシュレスには銀行も積極的になっており、銀行にとってはお金を管理するコストが当然の事ながら負担となっており、キャッシュレス=経費削減 という効果がかなり期待出来るそうです。

 数年後の日本では街中に出る時は、財布は持たずに携帯のみで交通機関や買い物、食事が出来る時代が来るかもしれないですね。

 

広島総合税理士法人