NEWS

広島税理士のひとりごと『RPA』

2018/12/10 [MON]
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)をご存知でしょうか?
中小企業ではまだまだなじみの薄い言葉かと思います。
 
RPAとは簡単に言うとルール化されたデスクワークをPC上のロボット(RPAツール)
が自動で行うシステムのことを言います。
ユーザーはRPAツールに定型ルールをプログラミングさせます。
するとPC上のロボットがそのルールに従って淡々と業務をこなすというわけです。
 
具体的には・・・
・販売管理システムから売上データや仕入データを出力して
・一定ルールに従って加工して取込用のcsvデータ作って
・会計ソフトにデータ取込み
こんな業務はよくあると思うのですが
RPAツールを使うとPC上のロボットが自動で出力・加工・取込みをしてくれる、こんなイメージです。
 
単純作業だけど扱うデータ量が多くて時間がかかりすぎる。
こんな作業には効果絶大なようです。
 
私もまだこんなものがあると知ったばかりではあるのですが
研究してみて業務で使えるようになればなと思っています。
 
近い将来、出社後にパソコン立ち上げてボタンを押せば
帰るときには入力業務などのデスクワークが終わってる。
こんな感じになりそうですね。
 
 
広島総合税理士法人