NEWS

教えて!クラウド先生『クラウド会計ってなにさ』

2018/12/15 [SAT]

皆さん、突然ですが、

「クラウド会計」ってご存知でしょうか?

 

え?ご存じない・・・

 

ボーっと生きてんじゃねーよ!

 

そんなことではチコちゃんに叱られます!

 

・・すみません、このフレーズ使いたかっただけです。

 

 

さて、クラウド会計とは、

インターネット上で使用する会計システムのことを指します。

 

従来の会計・経理は電器屋さんに行って、会計ソフトを買ってきて、パソコンにインストールして…

というインストール型の会計ソフトが主流でありました。

 

一方、近年はインターネットの発達により、

様々なクラウドサービスが開発されており、

その一つがクラウド会計として、会計ソフトが提供されている状況です。

 

クラウド型の会計ソフトはソフトを購入する必要がなく、

インターネットに接続できる環境があれば、

どこからでも使用できるというものになります。

そしてユーザーはその使用料を支払うという形になります。

 

それでは簡単にクラウド型の会計ソフトとインストール型の会計ソフトの比較をしてみます。

 

 

クラウド型

従来型

インストール

不要

必要

デバイス

PC、スマホ、タブレット端末等

PCのみ

支払

月額or年額使用料

パッケージorダウンロード購入

バージョンアップ

無料(都度更新)

有料(保守料等)

データ保存

クラウドサーバ

PC等自己で管理

データ入力

自動取得可能

手動が多い

 

いかがでしょうか?

なんとなくイメージできたでしょうか。

 

次回以降、

クラウド会計について、

メリット・デメリット、使い方などについて解説していきます。

チコちゃんに叱られないよう、しっかりと理解しましょう!

 

 

 

広島総合税理士法人は会計freeeの認定アドバイザーです。