NEWS

教えて!法人先生『確定申告に備えて何すればいいの?』

2018/12/13 [THU]

年末を迎え慌ただしくなる中、

事業者の方をはじめ、

ちょっと気になるのが確定申告ですよね。

 

確定申告は一年の収支の精算的な意味合いですから、

今年一年どうだったのか気になるのは当然だと思います。

 

全く何もしていない方や、

事業者であれば日々記帳はしているけど税金はいくら位になるか気になる方、

レベル感は様々だと思いますが、

毎年税理士に依頼されている方は大丈夫として、

今年初めて確定申告される方はもちろん、

毎年自分で確定申告をされる方でも、

何から手を付けたらいいか迷う方もいるのではないでしょうか?

 

そんな貴方のために、

確定申告の手順や、

直前で慌てないために、早めに準備した方がいいもの(書類など)をまとめてみました。

 

①確定申告の手順

 

 

②確定申告期間

・平成31年2月18日(月)から3月15日(金)

※還付申告は、1月1日から提出可能です

 

③確定申告書の提出方法

・税務署に持参するか郵送により提出

・電子申告(e-Tax)

 

④確定申告する必要がある方と準備する書類

 

 

上表以外にも、

株式を譲渡した方や配当所得がある方など、いらっしゃると思いますが、

損失が出た場合の処理や申告しないことができる場合など、

人によって有利不利が異なりますので、

今回は省略しました。

詳しくは、税理士にご相談ください。

 

⑤e-Tax利用の簡便化

平成31年1月からe-Taxの利用手続きがより便利になります。

マイナンバーカードを持っている方の為のマイナンバーカード方式と

マイナンバーカードを持っていない方の為のID・パスワード方式との二通りになります。

 

また、スマホから国税庁のHPにアクセスし、

確定申告(給与所得者で医療費控除やふるさと納税)ができるようになります。

 

 

広島総合税理士法人