NEWS

教えて!クラウド先生『連携について詳しく教えて!②請求業務連携編』

2019/08/26 [MON]

前回に引き続き会計周辺業務との連携について解説します。

今回は請求業務連携編です。

 

請求業務、皆様の会社ではどのように行われているでしょう?

Excelで作成?それとも専用のシステムを使用?

どちらにしろ会計ソフトと連携されてなければ

一旦請求金額を集計して会計ソフトに入力という業務が必要ですよね。

つまり

請求書作成金額集計会計ソフトに転記

という工程が必要になります。

どこかで間違えてしまうとチェックも大変です。

 

そこでクラウド型の請求書作成ソフトです。

ソフトには

・単純に請求書データのみ管理するものから

・「商談~見積~受注~請求」までの一連の流れを管理する

ものまでいろいろなサービスがあります。

 

クラウド型のソフトでは各種テンプレートなど準備されており簡単に使用することが可能です。

また、その特徴としてクラウド上に請求データが保存されているため

インターネットに接続できればどこからでも確認・発行可能です。

出先ですぐに請求書発行なんてことも可能になります。

 

さて、クラウド会計との連携ですが

ソフトによっては請求書機能が付いており、会計ソフト上で

請求書の作成発行が可能です。

と、いうことは作成してしまえば、そのまま

売掛金 / 売上

の仕訳が計上されます。

 

会計ソフト上の請求書機能のみで足らない場合は

会計ソフトと連携可能な販売管理システムを探してみましょう。

今やいろいろなシステムと連携するような開発がされてきていますから

自社の状況に合った請求管理システムがあるはずです。

 

皆様の会社の状況に合わせてシステムを選定し、

流れを構築してしまえばずいぶんと効率化できますね。

 

 

広島総合税理士法人は会計freeeの認定アドバイザーです。